Educational History’s Laboratory

Graduate School of Education

Kyoto University


京都大学大学院

教育学研究科 教育学講座 教育史研究室

 
 


わが教育史研究室へのご来訪、ありがとうございます。

本研究室は、制度的には京都大学大学院教育学研究科教育科学専攻の教育学講座に所属していまが、歴史的には、京都大学教育学部が発足して2年後の1951年に開設された教育史講座にさかのぼることができ、大学院重点化に際して教育学講座に統合されて、現在に至っております。

教育史学というのは、要するに教育の問題群を、歴史学の方法によって研究する学問です。そのことを念頭に、私たちはおもに2つのことを重視しています。ひとつは研究上の問題構成です。一人ひとりが、いかなる課題をいかに問題化するのか、それによってどのような視点が新たに開かれてくるのか、それを問い続けることで、問題をとらえる視点を磨くことが重要です。研究するにたる課題を持つことが、研究をするための大前提になるからです。

もうひとつは歴史の研究方法や技法の修得です。歴史の研究は、何より歴史的史料を収集し、それを読み解きその意味を考えていく作業が不可欠です。その際、おのずから歴史研究に固有の知識や技法が必要となります。たとえば300年前の歴史の史料(古文書類)は、草書連綿体の毛筆や漢文などで書かれています。近代には、個人蔵の一次史料・資料などが多くあります。さらには海外では外国語の史料が中心となるのはいうまでもありません。そうした知識や技法を磨くことは、歴史研究の基礎です。逆に言えば、その歴史研究の技法を修得することで、(教育の)多様な問題を、歴史の方法によって研究できることになります。つまり歴史研究は、いかなる領域の主題にも必要とされる研究方法ということができます。現に、本研究室で学んできた学生たちの主題は、多岐にわたっております。その意味で、いかなる学問にも歴史研究は必要な方法であるといえます。

Welcome 研究室からのメッセージ